注目キーワード
  1. Yahooショッピング
  2. EC
  3. SEO

Yahooショッピングのポイント付与広告は効果があるのか?

1、結論:良い日程を抑えれば、効果はあります

Yahooショッピングが他の大型販促などに被せてくる場合は、効果が非常に高いです。元々Yahooショッピング内で流通が増加するタイミングなので、そこにエントリーでポイント5倍、10倍といった施策は購入者の購買行動にすごく繋がりやすいからです。

流通の少ないタイミングで参加をしても、元々のお客様が少ないのでこれは参加費の元を取れない場合が多いです。しかし、他社競合店舗が全く参加をしていない状態で参加をすると、流通の少ない期間でも、その期間の流通を一人占めできる可能性はあります。担当営業に他店の情報を聞いて、一度リサーチしてみるのがいいと思います。

ポイント付与広告って?

そもそもポイント付与広告って何?って方のためにまず説明したいと思います。Yahooショッピングが定期的に行う、掲載(参加)ストア限定のYahooがポイントを負担するキャンペーンです。

主に月に3回程の開催(月によって増減する)で、プレミアム会員は最低でも10倍のポイントが付与されます。トップページからの誘導もさることながら、検索で表示された際に赤いバッチが付くのも特徴です。

金額はショップによって違う

参加料金は各ショップによって違います。Yahooショッピングが参加ストアのポイントを負担しますので、売上が大きい店舗ほど参加費は高くなっていきます。一番安いミディアム価格で30,000円からで高い店舗は参加費が100万円を超える場合もあります。ですから超大手ショップは参加していない事が多いキャンペーンとなります。

バッチの付与による販促効果

Yahooショッピング内の検索エンジンで検索をかけた際に、この掲載ストア限定のポイントキャンペーンに参加をしているサイトは赤いバッチで色分けされます。また、キャンペーン時期にもよりますが、タブ分けがされるキャンペーンもあります。このバッチでの色分けが非常に強力ゆえ、これ+ポイント付与を目的にこのキャンペーンに参加をします。

検索エンジンを制しているなら間違いなく参加

バッチ付与に関する恩恵が非常に大きいポイント付与広告は、検索エンジンで上位を狙えているショップは大きく売上を伸ばすチャンスです。逆に検索エンジンで上位表示できない店舗は恐らく、大きな効果を望むことは難しいので、まずは検索エンジンでの上位表示を目指してから参加を検討してみましょう。

トップページからの誘導

Yahooショッピングのトップページから大々的な誘導が行われます。トップページから特設ページへ移動してエントリー後にお客様に商品を購入いただくという流れになります。

特設ページへの誘導は行われますが、そこからのアクセスは大して期待はできません。それよりも検索エンジンで商品がバッチ表示されることにより検索エンジン経由のアクセスを期待するべきです。

テキスト枠か画像枠か

画像枠は、参加費 +10,000円で参加する事ができます。しかし一般カテゴリの画像枠は、テキスト枠と大してアクセスを取れる量は変わりません。無難に安いテキスト枠を選択する事をおすすめします。

画像枠を選ぶなら「15倍枠」「20倍枠」

画像枠を選ぶのなら、抽選とはなってしまいますが「15倍枠」「20倍枠」というのを狙うのがいいと思います。画像枠の中でも最上部に掲載をしてもらえるので、それなりのアクセス数を見込むことができます。

ただし、10倍を超えた部分のポイントに関してはYahooショッピングではなく、ストアの原資負担となってしまいますのでご注意ください。私の経験的には、無理に費用のかかる画像枠を選ぶ必要はないかなっと思います。

テキスト枠は申し込むだけで終了、画像枠は入稿を

テキスト枠の場合は、営業担当から取り置きが入ったのを確認したら、申し込むだけで入稿が完了です。特に必要な作業はありません。画像枠を選択の方は、ショップ、商品のPR画像が必要になりますので、入稿締切までに用意をしましょう。

自社ショップでの参加PRをしっかりする

キャンペーン期間中は、このキャンペーンに参加している事をしっかりとトップ、商品ページでPRしましょう。Yahooショッピングのユーザーは非常にポイントに敏感ですので、この期間にこのキャンペーンに参加をしていると転換率が上がります。ポイントもYahooショッピングが負担してくれるので、過大なくらいにPRしましょう。

月単位でセット購入すると割引が適応される場合がある

月に何度か開催されるポイント付与広告は通常の広告の申し込み画面からは申し込みできず、営業担当を通じて申し込みを行います。その際に1回分ではなく、2回、3回とセットで購入をすれば参加費(広告費)を割り引いてくれる事があります。一度営業担当に相談をしてみましょう。

割引適応率は10%、20%、30%

ここからは私の感覚になりますが、Yahooショッピングでの広告の割引段階は10%、20%、30%ではないかと考えています。これはだいたい営業担当が提案してきてくれる数値がこの割引率だからです。もちろん切りのいい数字で提案してくれることもありますが、ごく稀です。真相はYahooショッピングの中の人しか分からないので、話半分に聞いて聞いていただければと思います。

まとめ

以上がポイント付与広告についての記事となります。条件を満たして、日程を絞り流通が増えるタイミングで参加をすれば、売上アップを望めます。自分の運営してるショップの状況に合わせて、参加をご検討ください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!